生理痛の薬

生理痛の薬

 

 生理痛の薬って、種類が出過ぎてて、どれが良いのか判らなくなる時ってありませんか?

 

結局選べないで何度手ぶらで薬局から出てきた事か。

 

因みに私は、家の救急箱に常に入ってたバファリンやイヴ等、定番の鎮痛剤にお世話になってましたが、今は生理痛の薬を滅多に服用しなくなりました。

 

何故、服用回数が減ったのかは後程述べたいと思います。

 

因みによく見かける「イブプロフェン配合」を謳ってる鎮痛剤。ここまで、謳われるイブプロフェンって何だろうって調べてみました。結果幅広い分野で活躍する痛み止めの事と判りました。

 

確かに頭痛・生理痛等に本当に有効的に積極的に働きかける成分ですね。

 

さて、私は、毎月生理痛の薬にお世話になっていたんですが。

 

 

飲まないと仕事に差し支えるような結構、強い痛みが起きる事がしばしばありましたので。

 

変な話、痛みとかって人と比べようが無いし

 

女性は皆、この痛みに耐えてるんだと納得してみたり自分を励ましたりしてたんだけど、毎月

 

生理の度にずば抜けて人より青い顔して、仕事の効率も悪くなってたら、職場の先輩に受診を勧められて、思い切って産婦人科の敷居を跨ぎまして。

 

結果として、目立って、重大な子宮疾患・卵巣疾患が有るわけじゃ無かったんだけど、先生が低用量ピルを処方して下さいました。

 

服用してみて、最初に来た生理の軽い事!痛みも、量も、これまでより随分と楽でした。これなら生理痛の薬に頼らなくても仕事に支障も出ない。

 

って事で、鎮痛剤の類にお世話にならなくなりました。けれど不思議ですよね。ピルは決して痛み止めでは無いのに・・・・・・・。

 

次のコーナーでもう少し掘り下げて述べたいと思います。

 

>>生理時の不調を我慢したくない方はこちらから

 

ピル月経

 

 ピルで月経痛が軽減。このコーナーでは、その謎にメスを入れていきます。

 

外から温めてもホットミルクを飲んで、中から温めてみても改善しなかった生理痛。それがピルの服用で驚くほど改善しました。

 

 

最初、生理痛で受診してるのに何故ピルの処方なんだろう?って思っていたのですが。何回目かの受診の際に思い切って聞いてみました。

 

どうして生理痛にピルが効くのか。ピルには痛み止めの効果もあるのか等の素朴な疑問をぶつけてみたところ、丁寧に教えてくださいました。

 

正しく言いますと、ピルが生理痛に効くというより

 

ピルがホルモン環境に働きかける事により、改善に繋がるそうです。

 

生理痛の、そもそもの原因は子宮の内膜の中に存在する

 

「プロスタグランジン」という物質だそうです。

 

これが増えると、頑固な生理痛を引き起こします。

 

要らなくなった経血を排出するために

 

「プロスタグランジン」が子宮を収縮

 

させるそうなのですが、この収縮こそが痛みの原因。

 

ピルは、子宮内膜が増え無いように働きかけてくれるので

 

当然、その子宮内膜に含まれてるとされる

 

プロスタグランジンも増えないように

 

コントロールされていきますよね。

 

即ち経血の量が減り、これに伴い、勿論収縮の回数も減ります。これが痛みの軽減の仕組みでした。ピルには痛みをコントロールする効果は有りませんが、このように遠くから遠くから働きかけて痛みを起こす要因をコントロールしてくれているのです。根本的に働きかけてる所が違うんですね。

 

>>鎮痛剤とサヨナラしましょう。貴女の生理を楽にするピルはこちらから

 

生理痛緩和

 

 辛い生理痛、薬で早く緩和したいですよね。でも大丈夫です。「プロスタグランジン」という物質が痛みの要因という事までは判ってきました。

 

では、この「プロスタグランジン」どうしたら、過剰分泌させる事を防げるのでしょう。やはりシンプルにホルモンバランスを整える事ではないでしょうか。

 

ホルモンが乱れると血行が悪くなったりもします。

この血行不良が子宮の周辺を冷やしてしまい

 

骨盤内が鬱血し易くなり、これも腹痛の誘発の

 

原因と考えられてます。

 

ピルを使う事により、ホルモンのバランスは安定して更に子宮内膜の増殖を抑制してくれますので結果「プロスタグランジン」を過剰に分泌させるのを抑えてくれます。

 

その上で日常生活でも、改善すべき生活習慣の乱れは改善して、生理痛を誘発する原因を減らしていきましょう。まず、減らしたい、良くない習慣としては挙げられるのが

 

ストレス

 

ストレスは、やはり自律神経を乱しPMS等の悪化も起こり得ります。

 

カフェインの過剰摂取

 

カフェインは、体を冷やす作用があるので何杯も飲むのは避けましょう。

 

運動不足

 

運動不足を放置すると筋力が低下し、血行不良等起こしやすくなります。

 

過度なダイエット

 

栄養バランスが悪いと女性ホルモンの生成を妨げホルモンバランスを崩します。

 

 

 

思い当たる、良くない習慣を一度に改善するのは大変ですので少しずつ改善しましょう。

 

>>痛み止め要らず、貴女の生理を楽にするピルはこちらから

 

生理痛頭痛

 

 生理の時の頭痛。嫌な物ですね。生理痛だけでも辛いのに頭痛もとなると、本当に憂鬱になりますね。

 

 

女子で居る事を放棄したくなりますよね。けれど、生理時の頭痛のメカニズムを知れば、或いは緩和・回避が出来るのではないでしょうか?

 

生理前・生理中に感じる頭痛、実はこれ、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量と密接な関係が有るんです。

 

私達女性の身体は生理周期で、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が激しく増減します。

 

エストロゲンの分泌は排卵前にピークを迎えます。

 

その後、排卵が済むと急激に今度は減っていきます。そこから、今度はまた増えて行き、生理前に減少します。このエストロゲンの減少に伴い、脳内物質のセロトニンも減少するので、脳内の血管が拡張して頭痛が起きると考えられてます。

 

PMSで多くの女性が感じる頭痛の正体も、実は、エストロゲンの減少が原因な場合があります。

 

もちろん、メカニズム的な説明というだけの事で、多くの女性の頭痛の原因

 

すべてが「これ!」という訳ではありません。

 

他に、PMSから来る体の不調によるストレスだったり、仕事や人間関係のストレスだったり、肩こりだったり様々な原因で血行不良になってる可能性もあり、これら解消できる点を解消してあげる事で、頭痛が軽減する場合も勿論あります。

 

頭痛を感じたら、まず首や肩などの血行を回復させましょう。そして極力はストレスの発散を心掛けましょう。

 

>>原因が判っても改善が難しい!ピルで緩和を図りたい方はこちらから

 

生理痛低用量ピル

 

 生理の時、痛み止めを飲んでいても余り楽になれない。胃が荒れる・眠くなるから飲めない!生理痛が辛くても安易に薬を飲めない!という辛い儀式を毎月送る女性は大勢いますね。

 

痛み止めが効かない・飲めないとなると、後は出来る事と言えば温めてみたり、休めるようなら仕事を休んで安静にしてたり。

 

けれど、毎回、仕事を休むなんて出来ないですよね。しかし重い人は、本当に毎月、生理の度に寝込んでしまう人も居ます。

 

そこで思わず寝込んでしまう人も、そこまで行かなくても辛い人も、生理痛は低用量ピルで根本から改善しましょう!

 

これまで出血量が多く痛みも強かった女性は必見です。よく、耳にしませんか?別の目的で低用量ピルを使っていたんだけど気付いたら酷かった生理痛が軽減した!なんて話。

 

低用量ピルが痛みの原因物質を増えるのを抑制してくれるので生理の時でも、耐えられないような痛みに襲われることが無くなります。毎月、憂鬱な気持ちになる事も無くなりバリバリ仕事もできるようになります。

 

生理は女性にとって、確かに毎月の儀式ですが。その儀式に毎回、苦しまないとならない決まりなんて有りません!儀式は楽に迎えましょう。

 

また、月経困難症で苦しむ女性にも朗報なんです。治療の目的で低用量ピルを使用する時は、保険の適応が可能となっております。少し、敷居は高いかもしれませんが、思い切って産婦人科を受診して相談してみませんか?

 

 

ピルは、通販でも入手は出来ます。

 

けれど、耐えられないような

 

激しい痛みが毎月ある等

 

普通とは違う現状があるのなら

 

産婦人科を受診して保険適応でピルを処方して頂いて治療を進めましょう。

 

>>低用量ピルで生理痛をコントロールしたい方はこちらから

 

ピル生理痛の薬併用

 

避妊・生理痛軽減の為ピルを飲み始めたけど、思惑通りに生理痛が軽減されなかった!なんて経験ありませんか?私は有ります。そんな時、やっぱり日頃からお世話になってる生理痛の薬に頼りたくなりますよね。

 

大丈夫ですよ、我慢する必要は有りません。生理痛の薬を飲んで痛みをコントロールしましょう。実際、病院でもピルと併せて鎮痛剤を処方されます。(鎮痛剤を希望すれば)併用すること自体、問題は無いのですが、生理痛の薬を服用する際は空腹時は極力は避けた方が良いでしょう。

 

思惑通りの効能が現れなかったかもしれませんが、これはピルが合わない!という訳ではありません。ピルの服用を始めたばかりの頃は、よく有る事です。暫く様子をみましょう。

 

継続して飲んでいくと、痛みも軽減して、量も減っていき生理がとても楽な方へ導かれていきます。と、言っても頻繁に足が攣るとか吐き気が酷く、実際に吐いてしまう等、強い副作用の症状が有る場合は医師に相談してください。

 

 

失礼しました、正しくない言い方をしました。排卵が止められるので「生理」ではないですね。「消退出血」でした。この消退出血時の痛みや不快感もピルを続けるうちに軽くなっていきます。

 

脱線しましたが、上記で挙げたように、足が攣ったり嘔吐したり等、激しい症状が無いのであればピルは継続して服用していくことで良い効果をもたらします。休薬期間中に消退出血が起きるので予定も立てやすくなります。コントロールしきれなかった痛みには市販の鎮痛剤等で対応しましょう。

 

>>女子の強い味方、避妊も出来る・生理痛も軽減する、ピルはこちらから